Wi-Fiに似た名前が2つあるけど、どっちに繋ぐの?【2.4GHzと5GHzの違い】

Wi-Fi 2.4GHzと5GHzの違い

Wi-Fiに繋ごうとしたら似た名前のやつが2つ出てきたニャ

スマホやパソコンなどでWi-Fiに繋ごうとしたときに、似たような名前が2つ出てきた経験ありますか?

同じパスワードでどっちでも繋ぐことができるから気にしたことがないという人も多いかと思います。

このページでは、Wi-Fiの似たような名前が2種類ある理由を解説していきます。

目次

スポンサーリンク

Wi-Fiに似た名前のやつが2つ出てくる理由

Wi-Fiの周波数帯2.4GHzと5GHz

Wi-Fiには、2種類の周波数帯があります。

  • 2.4GHz
  • 5GHz

Wi-Fiに繋ごうとしたときに、似たような名前が2つ出てくる理由がこれです。

Wi-Fiルーターから「2.4GHz」と「5GHz」両方の周波数帯が出ている場合、似たような名前が2つ表示されます。

2.4GHzと5GHzの電波が飛んでいるということですね

2.4GHzと5GHzの見分け方

スマホなどでWi-Fiに繋ぐときに見えるネットワーク名からでも見分けることは可能です。

  • 5G   :  ◯◯◯ – a – 12345
  • 2.4G : ◯◯◯ – g – 12345

ネットワーク名の途中や最後に「a(A)」が入っている方が5GHzになります。

ネットワーク名に「g(G)」が入っている方が2.4Ghzとなっています。

Wi-Fiを繋ぐときにぜひチェックしてみてください

Wi-Fiルーターの裏や側面にも記載されているので、ルーターを見れる方はぜひチェックしてみてください。

Wi-Fiの2.4GHzと5GHzの違いを分かりやすく解説

Wi-Fiの2.4GHzと5GHzの違いを分かりやすく解説

Wi-Fiの周波数帯である2.4GHzと5GHzには、それぞれ特徴があります。

そして、それぞれにメリットとデメリットがあります。

2.4GHzと5GHzの違いを理解した上で、自分の環境にあった方に繋ぐことをおすすめします。

2.4GHzのメリットとデメリット

2.4GHzのメリットがこちら。

  • 壁などの障害物に強く、届く範囲が広い

2.4GHzの周波数帯は障害物に強い為、一軒家の場合やWi-Fiルーターが離れていてもWi-Fiに繋がりやすくなります。

とにかく「障害物に強い」のが特徴です

そして、2.4GHzのデメリットがこちら。

  • 電波の干渉を起こしやすく通信速度が不安定になりやすい

2.4GHzの周波数帯は、色々な電化製品にも使われています。

沢山の電波が行き交うような空間ですと電波干渉が起きて、逆に繋がりにくくなったり不安定になります。

障害物に強いけど、電波干渉のリスクもあるということですね

5GHzのメリットとデメリット

それでは、5GHzのメリットを見ていきましょう。

  • 2.4GHzより通信速度が安定して速い

5GHzは、通信速度が安定しており大容量のデータ通信を行う際に向いています。

パソコンなどは、5GHzに繋いでおいた方が無難かもしれませんね

そんな5GHzのデメリットがこちら。

  • 壁などの障害物に弱く、届く範囲が狭い

2.4GHzとは真逆で、障害物に弱いという大きなデメリットがあります。

Wi-Fiルーターから離れてスマホやパソコンを使う場合や、扉や壁などによっては電波が不安定になることも。

ネットを使う環境に左右されるってことですね

こちらの「5GHz」は、いわゆるスマホなどの「5G」とは違うので注意

まとめ|Wi-Fiは、2.4GHzと5GHzどっちに繋ぐべき?

それでは一旦、2.4GHzと5GHzの違いをまとめます。

  • 2.4GHz → 障害物に強いが電波干渉が起きる可能性もある
  • 5GHz → 通信速度が安定して速いが、障害物に弱い

では、メリットとデメリットを理解した上でどっちに繋ぐべきか?

ということですが、結論「最初は5GHzに繋いでみる」ということをおすすめします。

ネットワーク名に「a」って書いてある方ですね

5GHzの方に繋いでみてWi-Fiが途切れたり、繋がりが安定しなかったら2.4GHzに繋ぎ直せばOK。

逆に近隣住民と近い距離で生活をしていたり、自宅に電子機器が多いという方は、2.4GHzの方に繋ぐと逆に通信速度が落ちたり途切れたりするというケースもゼロではありません。

その場合は、逆に5GHzの方に繋いだほうが安定するということもあるので頭に入れておいて頂ければと思います。

それぞれのメリット・デメリットがどちらに働くかは自分で確認してみるしかないわけですね

通信速度には「上り」と「下り」というのがあるので、両方繋いでみて速度を実際に確認してみるのも1つの手ですね。

詳しくは下の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

目次
閉じる