【iPhone】AirDrop(エアドロップ)の設定方法と使い方

この記事の内容

  • AirDropを使うための設定方法
  • AirDropの使い方

AirDrop(エアドロップ)は、めちゃくちゃ便利な機能です。

正直、これだけの為にiPhoneとMacを使っていると言っても過言ではありません。

そんなAirDropを使うための設定方法と使い方について解説していきます。

あわせて読みたい
iPhoneとMacの組み合わせが最強な理由【AirDrop】
iPhoneとMacの組み合わせが最強な理由【AirDrop】iPhone歴約10年・Mac歴約7年の僕が「これだからMacとiPhoneの組み合わせはやめられない」ということについて書いていきます。先に結論を言うと「AirDropが便利過ぎる」...
目次

スポンサーリンク

AirDropを使うための設定方法

AirDropの設定
  • Bluetoothの設定をオンにする
  • Wi-Fiの設定をオンにする
  • AirDropの受信設定を行う

Bluetoothの設定をオンにする

  1. 「設定」アプリをタップ
  2. 「Bluetooth」をタップ
  3. 「Bluetooth」をオン

設定アプリからBluetoothの設定をオンにします。

コントロールパネルのBluetoothは、オンにする必要はありません。

Wi-Fiの設定をオンにする

  1. 「設定」アプリをタップ
  2. 「Wi-Fi」をタップ
  3. 「Wi-Fi」をオン

設定アプリからWi-Fiの設定をオンにします。

Wi-Fiには接続していても接続していなくても構いません。

Wi-Fiの設定自体がオンになっていればOKです。

AirDropの受信設定を行う

  1. 「設定」アプリをタップ
  2. 「一般」をタップ
  3. 「AirDrop」をタップ
  4. AirDropで受信する範囲を設定する

AirDropは、近くにあるiOS端末からデータを送受信することができます。

受信する範囲の設定を「すべての人」にしてしまうと、たまたまそこにいた知らない人からAirDropでデータを送信される・・・という嫌がらせを受ける可能性もあります。

こういった理由から「連絡先のみ」にしておくことをおすすめします。

そもそもAirDropを使わないという人は、「受信しない」にしておくことをおすすめします

AirDropでデータを送信・受信する方法

AirDropでは、「写真」や「URL」などを相手のiOS端末に送ることができます。

自分が送信したい、共有したいモノを開いた状態で共有ボタンがあるのを確認します。

上の画像はブラウザアプリ「Safari」で開いた場合。自分が共有したいページがある場合は、ブラウザアプリから共有ボタンを押します。写真の場合は、写真のアプリを開いて送信したい写真を選択して共有ボタンを押します。

この共有ボタンが無くても「共有する」というボタンが用意されているサービスもあります。その場合は、そちらのサービスに従って共有ボタンからAirDropを起動することができる場合もあります。

例えばYouTubeのアプリでは、高評価・低評価のボタンの横に「共有」というボタンがあり、そのボタンを押して「その他」をタップするとAirDropを選択することができます

AirDropの送信先を選択

2段目に表示された「AirDrop」のアイコンをタップします。

自分のAppleアカウントでログインをしているデバイスは1段目に表示されます。上の画像でいうと、自分のMacBook Proが表示されています。こちらはショートカットのようなもので、手順をスキップしてすぐにAirDropで送信することができます。

AirDropで受信可能なデバイスが表示されます。

上の画像では「MacBook Pro」しか表示されていませんが、近くにAirDropの受信ができるデバイスがあれば「iPhone」や「iPad」のようにいくつか表示されます。

あとは、送信したいデバイスを選択するだけでOK。

AirDropは、数秒で送信ができます。これが魅力なんですよね

AirDropで受信をする場合

AirDropで受信をする側は、通知(ポップ)が表示されます。

相手から送信されたAirDropを受け取るか拒否するか選ぶことができます。

同じAppleのアカウントでログインしている端末から端末に送信する場合は、自動的に受信するように設定されています。

AirDropは、データ通信量などは発生する?

AirDropの魅力
  • 写真や動画など重たい容量もすぐに共有できる
  • 画質は、ほぼ劣化させず圧縮せず送れる
  • データ通信量は、発生しない

AirDropの魅力は「早く・劣化させず・無料で」送信ができるところです。

データ通信量なども発生しないので、安心してお使いください。

スポンサーリンク

目次
閉じる