【結論】iPhoneを買うならどこがお得?Appleとキャリアの販売価格を比較

iPhone買うならどこがお得?

iPhoneを買うならどこで買うのがお得なんだろう?という方に向けて、本記事で解説をしていきます。

この記事の内容

  • iPhoneは、どこで買うのがお得?
  • Apple Storeとキャリアの価格を比較
  • 実質負担額の仕組み

安くない買い物ですし買うなら少しでも安く買いたいですもんね

目次

スポンサーリンク

【結論】iPhoneは、どこで買うのがお得?

先に結論から言いますと、Apple Store(アップルストア)で購入するのが1番お得です。

Apple Storeで購入する方法は、2つあります。

  • Apple Storeの実店舗に行って購入する
  • Apple Store オンラインで購入する

近くにApple Storeがなくても、オンラインでiPhoneを買えるので便利ですね。

実際のApple Store オンラインの画面

AppleStoreオンラインの画面
Apple Store オンライン

自分の欲しいiPhoneのモデルと色、容量などを選んでポチポチ押していけば簡単に注文することができます。

Apple StoreとキャリアでiPhoneの価格を比較

2020年に発売されたiPhone 12の価格をApple Storeとキャリア(通信会社)で比較したのがこちら。

64GB
Apple Store9万4,380円
docomo10万1,376円
au10万3,430円
Softbank11万880円
楽天モバイル10万1,176円
iPhone 12が発売された時の価格(税込)

割引などは考慮せず、単純に端末代を支払った場合、Apple Storeで購入した方が約1万円安く買うことができるのがお分かり頂けるかと思います。

1万円の差は大きいですよね

キャリアの実質負担額で安く買える?

それでは、割引のサービスが適用された場合を見ていきましょう。

キャリアの場合「実質負担額」という言い方で、「〇〇プログラム」「〇〇サポート」という割引サービスが用意されています。

こちらのサービスを適用した場合の実質負担額で比較をしてみましょう。

64GB
Apple Store9万4,380円
docomo6万7,584円
au5万5,430円
Softbank5万5,440円
iPhone 12が発売された時の価格(税込)

実質負担額で比較をしてみると、Apple Storeの方が高くなってしまいました。

では、キャリアで購入した方がお得なのか?と言うと違います。

実質負担額の仕組みを見てみると・・・

「〇〇プログラム」や「〇〇サポート」の仕組みをざっくりと解説します。

  1. キャリアで分割でiPhoneを購入する
  2. 一定期間が過ぎた時に、iPhoneを返却する
  3. 残りの機種代が0円になる

基本的に「36ヶ月」または「48ヶ月」の分割払いでスタートし、「24ヶ月」経った時にiPhoneを返却するか?を選ぶことができるようになっています。

iPhoneを返却すれば、残りの機種代「12ヶ月〜24ヶ月分」が0円になるので、実質負担額が安くなるという仕組みです。

iPhoneを返却するっていうのが条件なんですよね

安く手に入るがお得ではない

iPhoneを返却するということは「売る」に等しいですよね。

つまり、2年使って売るという行為をしているだけですので「お得か?」と言われたらお得ではありません。

Apple StoreでiPhoneを購入して、2年後に自分で買取専門店やメルカリなどで売った方がお得です。

iPhoneを2年くらいで機種変更していきたいという人で、自分で売るのは面倒くさいという人は、キャリアが提供するプログラムやサポートを利用するのがおすすめです。

キャリアでiPhoneを購入した方がお得な場合

キャリアでiPhoneを購入した方がお得になるパターンがこちら。

  • ポイント付与によってApple Storeで購入するより安く買える
  • 在庫処分セール的なのが開催されている

こういった特定の条件がある場合、Apple Storeで購入するよりも安く買える可能性があります。

しかし、最新のiPhoneであればApple Storeより安く買うことができる可能性はほぼゼロです。

キャリアでiPhoneを買うなら「オンライン一択」

Apple StoreでiPhoneを購入した方がお得です。

お得と分かっていても、それでもキャリア(通信会社)で買いたいという場合。

キャリアでiPhoneを購入するのであれば、オンライン一択という話です。

オンラインでiPhoneを購入するメリット

  • 頭金や手数料などが発生しない
  • 謎のオプションに加入する必要がない
  • 謎のアプリをダウンロードする必要がない
  • ショップでの待ち時間がない

キャリアのサイトで購入をすれば、おそらく5分〜10分程度で注文が終わります。

あとは、自宅に注文したiPhoneが届くのを待つだけ。

実店舗に行くメリットがない・・・

お店に直接行って購入する場合。

謎のオプションに加入を進められたり、謎のアプリをダウンロードさせられたり、無料期間に退会すれば良いからという理由で入会してくれと言われたりしますよね。

こういったことが、オンラインでは一切行われません。

待ち時間なども発生しない為、そもそも実店舗に行くメリットがない訳です。

分からないから行くという人は、ある意味カモなので注意です

まとめ|iPhoneは、Apple Storeで買った方がお得

  • iPhoneは、Apple Storeで購入するのがおすすめ
  • キャリアの実質負担額は、iPhone返却が前提

単純にiPhoneの価格だけを見れば、Apple Storeで購入するのが1番お得です。

2年使ったら機種変更をしたいという場合でも、

Apple Storeで購入したiPhoneを自分で売った方がお得です。

2年で機種変更していくし、自分でiPhoneを売るのは面倒くさいということであれば、キャリアのサービスを利用するのもアリですね。

Apple Storeで購入したiPhoneは、キャリアで使える?

例えば、ドコモユーザーがApple StoreでiPhoneを購入した場合。

  1. Apple StoreでiPhoneを手に入れる
  2. 今まで使っていたiPhoneからドコモのSIMカードを抜く
  3. 新しいiPhoneにドコモのSIMカードを挿す

たったこれだけの手順で機種変更は終わりです。

今まで使っていたiPhoneに入っているSIMカードを抜いて、新たに購入したiPhoneに挿す。

これさえできれば、Apple StoreでiPhoneを購入しても自分で機種変更が可能です。

誰でも簡単にできちゃいますね

Appleで販売されているiPhoneは、SIMフリー端末

Apple Storeで販売されているiPhoneは、SIMフリー端末になります。

SIMフリーを簡単に説明すると

どこのキャリア(通信会社)のSIMカードを挿しても使える状態

ということ。

SIMフリー端末のおかげでApple Storeで購入したiPhoneは、自分の好きなキャリア(通信会社)で使うことができます。

スポンサーリンク

目次
閉じる