Kindleの端末に1GBで何冊保存できる?1冊あたりの容量を確認

Kindleの端末に1GBで何冊保存できる?1冊あたりの容量を確認

この記事の内容

  • Kindleの容量ってどれくらい必要?
  • Kindle1冊分の容量を知りたい

Kindleの端末を購入する際に、容量を選択する必要があります。

8GBで十分?32GBも必要?と気になっている方に向けて、Kindle本1冊あたりの容量について解説をしていきます。

目次

スポンサーリンク

Kindleの本1冊分のストレージ使用量

Kindleの本1冊分のストレージ使用量

Kindleの端末でストレージ(保存容量)を確認することができます。

そのストレージ容量から、現在自分が持っている本のデータ容量を確認し、下にまとめてみました。

活字の本の場合

漫画を除くいわゆる活字の本のストレージの使用量はこんな感じです。

出版社タイトル容量ページ数
U-CAN筋トレが最強のソリューションである4MB240
文響社超筋トレが最強のソリューションである11MB223
幻冬舎日本再興戦略889KB212
PHP研究所面白くて眠れなくなる植物学4MB209
文藝春秋羊と鋼の森561KB224

ページ数は似たような感じでも出版社や本の中身によっても使用する容量は大きく異なります。

だいたい1冊3MBで計算してみると1GBで340冊くらいは保存できるという計算になります。

図鑑などイラストや写真が多い本ですと、更に1冊あたりの容量も増えます。

8GB保存できるKindleの端末であれば、2,500冊くらい保存できますね

漫画の場合

漫画の場合は、活字の本と比べて1冊あたりの容量は増えます。

出版社タイトル容量ページ数
集英社チェンソーマン 131MB199
キングダム 163MB218
秋田書店あっぱれ! 浦安鉄筋家族 147MB212

漫画の場合は、1冊あたり50MBで計算をすると1GBで20冊くらい保存できます。

8GBのKindleの端末に保存するのであれば、約160冊くらいですね

Kindleの保存容量がいっぱいになったらどうなる?

Kindleの保存容量がいっぱいになったらどうなる?

Kindleの容量がいっぱいになったらどうなるの?と気になる方も多いかと思います。

まずは、kindle端末に保存する仕組みについて解説をします。

  • Kindleストアで購入した本をKindle端末にDL
  • DLした本は、Wi-Fi環境がなくても読める

つまり、Kindleの端末になぜ保存するのか?というと、Wi-Fi環境がない場所でも自由に読書をする為です。

外出先でも読書ができるのは、Kindleの端末に直接保存しているからです。

買った本を読む時に自動的にDLが始まります

もし、Kindleの端末の保存容量がいっぱいになったら?

Kindleの端末の保存容量がいっぱいになったら、保存してある本を削除すればOK。

削除した分、またkindle本を保存できるようになります。

Kindleの本は端末から削除しても、また読みたくなった時にDLすれば読むことができます。

削除したらまた買わなきゃいけない!ってことはありません

なぜ削除してもOKなのか?

考え方としては

「Kindleストア」で購入したKindleの本を、どの端末で読むか?

というだけなので、Kindle端末でDLすればKindle端末で読めますし、

スマホやタブレットの端末でDLすれば、スマホやタブレットの端末で購入したKindleの本を読めるというだけの話。

端末から本を削除 = 買い直しが必要というわけではありません。

あくまでKindleの端末から本を削除するだけなんですね

Kindleの端末の容量は、8GBでも十分

Kindleの端末の保存容量は「8GB」か「32GB」どっちが良い?

という方におすすめするのであれば、基本的には8GBで十分です。

漫画ばかり読むという人でも、100冊持ち運びできると考えれば十分ではないでしょうか。

容量がいっぱいになれば端末から本を消して、また読みたくなればDLすれば良いだけなので、8GBで十分かなと思います。

なので、迷うのであれば「8GB」をおすすめします。

Amazon
¥15,980 (2021/05/27 03:15時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場でチェック

スポンサーリンク

目次
閉じる