【2021】Macを購入したら最初に入れるべきアプリ【間違いなし】

Macを購入したら最初に入れるべきアプリ

Macを購入したけど、何のアプリを入れたら良いか分からない!

という方に向けて、Macを購入したら最初に入れるべきおすすめアプリを紹介します。

便利なアプリはこの世に沢山あるので、本記事で紹介するのは最初に入れるべきという部分に重点を置いて紹介しています。

目次

スポンサーリンク

Macを購入したら最初に入れるべきおすすめアプリ

  • Google Chrome
  • Google 日本語入力
  • AppCleaner
  • Alfred

Google Chrome

Google Crome

ネットで検索をする際に使うブラウザは「Google Chrome」がおすすめです。

Macの場合は「Safari」が標準搭載となっていますが、日本でも世界でもChromeが圧倒的にユーザー数が多いです。

これは好みの問題ですが、特にSafariにこだわりがないのであれば、「Chrome」を使っておけばOK。

Google 日本語入力

Google日本語入力

Macで文字を入力していて漢字に変換するときに「あれ?」ってなることが多いです。

これはMacに標準搭載されている「日本語IM(旧:ことえり)」が原因。

予測変換がおかしい!使いにくい!と感じた方は、「Google 日本語入力」をぜひ。

正直、Google 日本語入力に勝るものはありません

AppCleaner

appcleaner

WindowsからMacへ移行した方や、パソコンデビューはMacという方の場合。

アプリのアンインストール方法に手こずることは、間違いありません。

単純にアプリをドラックしてゴミ箱にドロップすればOK!と思っていても、
実は関連ファイルなどが残るため、完全なアンインストールにはなっていません。

そこで便利なアプリが「AppCleaner」です。

こちらを使えば、アプリのアンインストールから関連ファイルの削除を簡単に行うことができます。

⇣ 詳しい使い方に関しては、コチラで解説をしています。

Alfred

Alfred

Alfred(アルフレッド)は、簡単に言うと「何でも検索して引っ張ってきてくれる」というランチャーアプリ。

使い方のイメージ
  • ショートカットキーでAlfredを起動
  • 自分が使いたいアプリやファイル名などを入力して開く

つまり、いちいちアプリやファイルを探さなくてもAlfredを起動すれば検索ができてしまう訳ですね。

実際にAlfredを使ったイメージがコチラ

Alfredの検索バーに「go」と入力するだけで、「go」のキーワードに引っかかったアプリが並んでいます。

アプリ内のファイルやフォルダも検索ができるので、いちいちアプリを開いて探すという必要がありません。

ただ、少しクセのあるアプリだと思いますので慣れるのに時間がかかるかもしれませんね。

自分だけのMacにカスタマイズしよう!

最初から沢山アプリを入れてしまうと混乱してしまうと思います。

慣れてきたら少しずつアプリを増やしていって自分だけのMacにカスタマイズしましょう。

スポンサーリンク

目次
閉じる