【解決】Macでアプリやソフトをアンインストールする方法【AppCleaner】

Macのアプリと関連ファイルを削除する方法

Macを使っていて「このアプリ(ソフト)いらないからアンインストールしよう」と思ったとき。

単純にアプリをゴミ箱に入れて削除していませんか?

残念ながら、これだけでは完全に削除(アンインストール)はできていません。

本記事では、Macでアプリやソフトを完全に削除する方法について解説をしていきます。

Macユーザー必須のアプリを紹介!

目次

スポンサーリンク

Macでアプリをゴミ箱に入れても削除できていない?

Macで必要ではないアプリやソフトなどを削除するとき。

ゴミ箱にアプリをドラッグ&ドロップすると、アプリが画面から消えるので削除できたように見えますよね。

しかし、実際はアプリ・ソフトに関連するファイルやデータなどは残っています。

例えば、こんな経験をしたことはないでしょうか?

  • アプリを再インストールしようと思ったら、できなかった
  • アプリを入れ直したはずなのにデータなのが初期化されていない

これは、アプリやソフトに関連するファイルやデータがパソコンに残っているのが原因かもしれません。

Macでアプリを完全にアンインストール(削除)するには?

Macでアプリを完全にアンインストール(削除)するには、アプリ以外の関連ファイルもゴミ箱に入れる必要があります。

設定のファイルやデータのファイルなど、アプリに関連するファイルは沢山あります。

正直、関連ファイルを1つ1つ探して削除は面倒くさいですよね。

そこで、必要ではなくなったアプリやソフトを完全に削除してくれるアプリ「AppCleaner」を紹介。

Macで不要になったアプリを削除するなら「AppCleaner」

appcleaner
AppCleaner

Macを使うのであれば、この「AppCleaner」は、ほぼ必須のアプリとなります。

もちろん、無料のアプリなのでご安心を。

⇣ AppCleanerは、こちらからサイトに飛んでダウンロードすることができます。

サイトを開くと右下あたりにダウンロードリンクが表示されるので、そちらからダウンロードをしてください。

MacのOSやバージョンによって少し異なりますが、基本的に最新のバージョンをダウンロードすればOKです。

自分が使っているMacのOSが分かる方は、OSに合わせたバージョンをダウンロードしてください。

AppCleanerの使い方

appcleanerの画面

「AppCleaner」を公式サイトからダウンロード。

そして、インストールしてアプリを起動するとこんな感じの画面が表示されます。

「AppCleaner」は、非常にシンプルなアプリです。

不要なアプリ・ソフトを「Drop your apps here」の部分にドラッグ&ドロップするだけでOK。

例:Evernoteをアンインストールする場合

appcleanerにドラッグ&ドロップ

アンインストール(削除)したいアプリをドラッグして、AppCleanerにドロップするだけ。

アプリの容量や関連ファイルの数によっては数秒〜数分読み込みが入ります。

読み込みが終わると、アプリと関連ファイルが全て抽出されます。

左側の項目全てにチェックが入っていることを確認して、右下の「Remove」ボタンをクリックすれば完全削除となります。

関連ファイルを探す手間が省けましたね

スポンサーリンク

目次
閉じる