高齢者こそiPhoneが良いと思う3つの理由【シニア向けスマホは微妙】

高齢者こそiPhoneが良いと思う理由

「高齢者向けのスマホ・シニア向けスマホ」ってありますよね。

正直、高齢者だから高齢者向けのスマホが良いとは思いません。

高齢者こそiPhoneが良いと思う理由ということで書いていきます。

この記事は、祖父の持っていたスマホを見て感じた僕の個人的な感想です。

目次

スポンサーリンク

高齢者こそiPhoneが良いと思う3つの理由

高齢者こそiPhoneが良いと思う理由
  1. 高スペックは、正義
  2. 高いけど結果的に長く使える
  3. iPhoneなら何とかなる確率が高い

①|高スペックは、正義

電話とメールとたまにネットが使えたら使うくらい・・・という人でもiPhoneがおすすめです。

高齢者が使うスマホとして、iPhoneはスペックが高すぎる。

というのは確かに一理あります。

しかし、だからと言って低スペックのスマホで良いとは思いません。

低スペックのスマホがダメな理由

祖父が使っているシニア向けのスマホを見ると

指でタップしているにも関わらず反応が悪かったり、処理に時間がかかることが良くあります。

実際に僕も触らせてもらったのですが、確かに処理が遅い

タップしたのに反応が悪い、処理が遅いと何が起きるのか?

高齢者に限った話ではないですが、「何度もタップ」してしまうんですよね。

タップ連打問題

  1. 画面をタップする
  2. 本当はタップできているのに画面が切り替わらない
  3. 何度もタップする
  4. タップする瞬間に画面が切り替わり変な所をタップする

これでよく分からないページに飛んだり、アプリが起動したりと誤操作が増えます。

誤操作が起きれば起きるほど「スマホは、よくわからん」って状態になってしまうんですよね。

初心者だから質が悪くても良いという考えは逆にドツボにハマる恐れがあります

②|高いけど結果的に長く使える

iPhoneは、Apple社のみが販売しているスマホです。

その為、OSやアプリの対応がしやすく、結果的に長く使うことができます。

簡単に言うと、Appleは自社のiPhoneに合わせて中身を作ることができ、アプリを作る側もどのiPhoneで動くように作れば良いのか計算しやすいので、古いiPhoneでも現役で使いやすい環境が整っているということ。

安価のiPhoneでも7万〜8万円くらいすると思いますが、4年は安定して使えると考えれば安いと思います。

高いけど安いスマホでイライラするよりマシです

③|iPhoneならなんとかなる確率が高い

日本は、iPhoneユーザーが多い国です。

そして、iPhoneはどの機種でも中身は同じ。

もし、分からないことがあっても誰かに聞けばなんとかなる確率が高いスマホというわけです。

あまりオススメはしませんが、最悪携帯ショップへ聞きに行っても

正しい答えをしてくれる店員さんに出会える確率も上がります。

また、子供や孫などがiPhoneユーザーの可能性も高いと思いますので、解決しやすいですよね。

機種変更のタイミングで古いiPhoneをあげるのもアリ

機種変更のタイミングで古いiPhoneをあげるのもアリ

別に新しいスマホを買う必要はありません。

家族の中にiPhoneを使っている人がいて、

機種変更したタイミングで古いiPhoneをあげる方法もあります。

先ほども解説しましたが、iPhoneは4年は使えます。

もちろん、バッテリーの劣化などの問題はありますが。

1年・2年で機種変更したのであれば、古いiPhoneをあげるっていうのもアリですよね。

まとめ|高齢者こそiPhoneが良いと思う理由

  • 高齢者だから低スペックのスマホが良いとは限らない
  • むしろ、処理の速度が遅いスマホで誤作動や誤操作を招く恐れがある
  • 個人的におすすめしたいのは、iPhone

シニア向けスマホも全てを見たわけではありませんが、

シニアだからスペックが悪くても良いという作りは避けた方が良いと思います。

高齢者だからこそスペックが悪いと誤操作の原因にもなりますし、余計にスマホ嫌いが加速する恐れもあります。

スマホに限らず初心者が安いのに手を出すと、その面白さを知る前に嫌になって手放すみたいなことありますよね

スポンサーリンク

目次
閉じる